Winner Medicalが外傷治療と感染予防の革新をMEDICA 2021で展示

使い捨ての外傷治療・外科用品の大手メーカーWinner Medical(300888.SZ)は、外傷治療と手術室感染予防の高度なソリューションの一式を、11月15-18日にドイツのデュッセルドルフで開催予定のMEDICA 2021で展示することになっている。第6ホールのA10ブースでWinner Medicalは、世界の医療関係者が直面する課題に対応し、患者の健康と福祉を守る最適のケアをもたらす革新が組み込まれた医療品と病院用器具を展示する。

Winner MedicalのJianquan Li最高経営責任者(CEO)は「患者と医療専門家の安全性を向上させる揺るぎないコミットメントにより、Winner Medicalは外傷管理と手術室感染対策の専門家になった。業界をリードする技術を活用して、広範な先駆的な外傷治療と外科的ソリューションを生み出した」と語った。

また「当社の企業理念トップにある品質と社会的責任により、常にイノベーションを推進し、気候と環境への影響を最小限に抑えるために、環境に配慮した持続可能な素材を使用した次世代の外傷治癒と感染予防の商品を常に模索している」と付け加えた。

Winner MedicalはWEDICA 2021で、皮膚の損傷を防ぎ、さまざまな複雑な外傷を管理し、外傷治癒過程の全サイクルを促進するよう設計されたシリコン、発泡成形、抗菌物質、バイオ技術、ゲル化繊維の5中核技術に基づく先進的な外傷ケアの最新のポートフォリオを展示する。中国の国家薬品監督管理局(NMPA)、欧州連合(EU)の欧州基準適合(CE)の認証や日本の厚生労働省、米国食品医薬品局(FDA)の認可により、Winner Medicalの商品は110カ国以上の医療専門家に糖尿病、不動性疾患、静脈疾患や外傷、熱傷、侵襲的手術、その他の原因による急性・慢性外傷治療の第1のソリューションとして広く使用されている。

この展示会で初公開されるWinner Medicalの主要な感染予防商品群は、浸水や細菌の侵入に効果的な生分解性の着心地の良い素材である綿100%のスパンレースで作られた医療用衣類が特徴である。軽量で通気性があり、中程度の体液暴露と感染リスクを伴う中程度の長さの外科的処置用の最大限の保護を提供する。一方、Winner MedicalのPURCOTTON手術着は、胸と袖の両方の領域に強化されたパネルを備え、体液暴露の可能性が高い処置用に追加の着用者保護を提供する強化されたデザインとなっている。

▽Winner Medicalについて

Winner Medical Co., Ltd.(株式コード:300888)は1991年創業で中国の深センに本社がある大規模な健康企業で、「Winner」「Purcotton」「PureH2B」の3主要ブランドによる医療部門と消費者部門の協調的発展を実現している。同社は、ユーザーと消費者により質の高い生活の選択肢を提供し、より良い生活に向けた価値を創出することにコミットしている。

医療品の生産で30年の経験を持つWinnerは、中国市場をリードする医療用消耗品ブランドであり、国際的なビジョンを持つブランドでもある。Purcottonは日用品のブランドとして、30年にわたる医療品製造の経験を受け継いでいる。素材として純綿を使用するこのブランドは、健康的かつ快適で環境に優しい高級綿の日用品シリーズを生み出すことを目指している。PureH2Bは、世界中からの高品質かつ健康的で美しい厳選品を消費者に提供する生活プラットフォームとして設けられている。

詳細はhttps://www.winnermedical.com/ を参照。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *